【スポンサーリンク】

ハチミツ

NZ産はちみつ専門店PBees@都営大江戸線牛込神楽坂

東京都新宿区神田箪笥町18-3-119 無休(年末年始除く) 営業10〜19時恵比寿三越の地下にも支店があるようです。ニュージーランドの蜂蜜に特化したお店ということで、たとえばレワレワとはブラシノキの花から採れる蜜。エキゾチック…! 他に有名なマヌカハニ…

イヌツゲ(モチノキ科)の花

豊島区の住宅地にて。生け垣でミツバチを見かけ、一体何の用があって…? とよくよく見たら、直径7ミリ程度の小さな花が咲いており、そこから蜜を集めて回っているのでした。どこの巣から来たのでしょうか。残念ながらイヌツゲの蜂蜜は人間の口にはあまり合わ…

「クルタレ」の製造工程

実はこの龍のひげ、以前から食べて(眺めて)みたいおやつリストに入っていたのです。以下、おそらく地下鉄のフリーペーパーと思われる記事の切り抜きから引用。 (略)…1個を覆うその細い細い蜂蜜の糸は、16384本もある。その"職人の技"とは、こうだ…

鎌倉はちみつ園

GWの鎌倉訪問、目的1は鎌倉はちみつ園で蜂蜜を買うこと、目的2は海を見ること(見るだけで可)でした。さて、ゲットした蜂蜜。左はしろつめ草、右はローズマリー。小さいほう、ローズマリー(100g)の容器は軽くて持ち運びが楽、さらに料理・お菓子…

本日も江古田ミツバチ・プロジェクト

…の採蜜作業を見学に行ってきました。試食させていただいた蜜は、まだ微妙にサクラ風味もあり。現在の主蜜源は何なんでしょうか。生まれて初めて「女王バチ」なるものをライブで見ました。ミツバチの巣内でのダンスも。ただお尻を振っているようにしか見えま…

江古田ミツバチ関連写真

左写真は、巣箱の様子。右の巣箱は採蜜作業のため蓋が取られています。右写真は、武蔵大学構内。緑豊かなキャンパスで、今の時期は八重桜と楓の若葉がきれい。ずーっと下のほうにミツバチの写真も貼ってみました(クリックで拡大します)。スタッフの手の上…

江古田ミツバチプロジェクト見学

…に行ってきました。まだ風は冷たいものの快晴で、蜂たちはかなり活発に飛び回っていました(右写真)。巣箱はむき出しではなく施錠できる扉付きのパーティションで四方を囲い3カ所ほどにガラス窓を設けた観察小屋スタイルになっており、ミツバチはパーティ…

江古田ミツバチプロジェクト

今年3月から、武蔵大学の屋上に巣箱を設置してミツバチの飼育が始まっているそうです。4月8日には初の採蜜に成功! そして明日、18日は午前9時半〜10時半、武蔵大学3号館屋上にあるミツバチの巣箱を見学できるとか(雨天中止)。最近の寒さでは働き…

カンガルー島のはちみつ

生協で購入。島の名前からご想像がつくようにオーストラリア産の百花蜜です。ちょっと和蜂の蜜と似た、お醤油っぽいコクを感じました。カンガルー島のミツバチは1881年にイタリアから輸入されたリグリア蜂で、現在このハチの純種はカンガルー島にしか生…

ブラックベリー&びわ

花(みつ)の種類 ひとくちメモ 購入先 ブラックベリー(カナダ産) さらっとした食感。喉の奥で感じる酸味 水谷養蜂園 びわ(愛媛県産) ざりざりに結晶。果糖っぽいというか、ビワの実に通じる味? ひょうたん島 ひょうたん島というのは光が丘IMA地下1…

スパルタ産オレンジ&NZ産かぼちゃ

ラベイユの品揃えにはいつ行っても圧倒されます…小金井公園の花から採った蜂蜜というのも魅力的でしたが、今回は海外産2種で。 花(みつ)の種類 ひとくちメモ 購入先 オレンジ(ギリシャ) 激しく結晶。シャープな香りが特徴で、意外とチーズにも合う ラベ…

里山のはちみつキャンディー

袋に「花ごとに異なるはちみつの風味が楽しめます」とあり、「そば蜂蜜」「ぼだいじゅ蜂蜜」「れんげ蜂蜜」3種類の飴が入っているというマニアックな趣向…と思ったらそれも道理、山田養蜂場の製品でした。はちみつ100%のキャンデー等とは違って、砂糖&水…

オーシッタイ養蜂「にがあま蜜」

ぱる夫の沖縄みやげ。ちょっと薄めの紅茶色で、サラサラしています。香りは蜂蜜の甘い香りの中に野草っぽい酸味あり。品名が「にがあま」となっていますが、味わってみるとむしろ「あまにが」、甘い…けど後に酸味を帯びた苦味が残るという感じ。栗蜂蜜やそば…

コーヒー&みかん

大ざっぱに言って、色の濃いハチミツほど鉄分等ミネラルの含有率が高く、かつクセが強い(参考:そば,栗)傾向がありますが、コーヒー蜜は比較的マイルドです。写真はオリジナルの瓶から、使いやすいよう口が弁になっている容器に移し替えたところ。あくま…

フランス産はちみつ3題

先日の小瓶ハチミツ、右写真のクラッカーにのせて味見してみました。この極薄クラッカー、味が淡泊なので蜂蜜だけでなくチーズのテイスティング用にもオススメです。さて左写真は上が菩提樹、下が左からひまわり、ユーカリですが、照明の加減でひまわりと菩…

ラ・メゾン・ド・ミエール・ナミキ

店名が長い…お台場、ヴィーナスフォート3階にあります。フランスからの輸入ハチミツ専門店。蜜の種類はたしかにいろいろありますが、先日のラベイユを見た後ではさほど驚きはないかも。というか、品揃えの点ではヨーロッパ産、オセアニア産、日本国内産…の…

蜂蜜の殿堂「ラベイユ」詣で

ゴールデン・ロッド蜂蜜は既に食べ尽くし、涙目の栗蜂蜜(←今は普通に食べられるようになった)も残り少なくなったので、蜂蜜クエストに出かけてきました。行く先はラベイユ荻窪本店。あいにく有楽町線が遅れて、到着は閉店15分前。「他のお店で見たことの…

対・栗はちみつトースト

8月6日に書いた「ちょっと焦げ気味」の焼け具合を写真に撮ってみました。個人的には、この位焼いたトーストにのせて初めて「小さい頃泣かされたあのシロップ薬の味」ではなく「ビターな味わい」やら「独特のコク」と表現される(かもしれない)何かを味わ…

思わず涙目! クリの蜂蜜

松治郎の舗で「そうとう強烈」というお話はうかがっていたものの、怖いもの食べたさで一度はチャレンジしようと思っていた栗はちみつ。巣蜜同様、意外と早く家にやってきました。イタリアはトスカーナ州の栗の花から採った蜜だそうです。売っていたお店は成…

謎の「ゴールデン・ロッド」

ゴールデンロッドのほうはブルーベリー蜜と同じ便利容器入り(カナダ・ナチュロニー社製)。パッケージに蜜源植物のイラストや写真がないので、ちょっと調べてみました。まなちゃんのハチミツ屋さんの解説によれば、Goldenrodという俗名で呼ばれる植物は80…

水谷養蜂園@池袋西武

…で結晶みつ(カナダ産)とラベンダーみつ(スペイン産)を買いました。日本産のはちみつもいろいろ置いてあるのですが、まだ食べたことのないもの優先ということで。 花(みつ)の種類 ひとくちメモ 購入先 結晶(クローバー) クリーミーな食感のため甘味…

吉田養蜂vs.カルディ

光が丘のカルディコーヒーファームは輸入ハチミツの品揃えがなかなか充実していることを発見。迷った末、日本産にはまずないブルーベリー蜜を購入。容器が逆さに立てた状態で安定する上、キャップを取って容器に圧を加えないとハチミツが出てこない「弁」構…

『現代農業』でミツバチ特集

現代農業 2009年 07月号 [雑誌]出版社/メーカー: 農山漁村文化協会発売日: 2009/06/05メディア: 雑誌 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る「ミツバチ不足」という文字を新聞や雑誌で見かけることの多い昨今。ハチミツ好きの方の中には、それなら…

瓶入り蜂蜜を使い切る方法

昨日ご紹介したディスペンサーを使えばハチミツが垂れて瓶の縁がベタベタになるのは免れますが、瓶からハチミツを最後の一滴まで出し切るのは至難の業。そこで、瓶にプレーンヨーグルト(無糖)を適量、投入してスプーンでよーくかき混ぜると…見事、はちみつ…

蜂蜜ミニレビュー

ごらんの通り、連休中に購入したマロニエみつも既にほぼ残量ゼロ。そば蜂蜜と並行して、主にトーストのせで食していましたが、感想など。 花(みつ)の種類 ひとくちメモ 購入先 マロニエ(青森) 和名「とちのき」。微かにシナモンっぽい香り 吉田養蜂 そば…

吉田養蜂ふたたび

ぱる子のハチミツ遍歴ですが、3月14日の巣蜜に始まって4月9日写真右の「山の花(百花みつ)」、続いて左「アカシア」。古(いにしえ)の結晶ハチミツを片付けた後は待望の桜みつに。 花(みつ)の種類 ひとくちメモ 購入先 巣蜜(NZ産) 貴重なのです…

花めぐみの「桜みつ」発売中!

4月13日に水谷養蜂園のさくら蜜をご紹介しましたが、こちらはただいま売り切れ中。リンク先の花めぐみをのぞいてみたら、お堀のさくらの花の蜂蜜が入荷していました。ミツバチの巣箱を社民党本部の屋上に設置して採蜜しているという、いわばシティ派さく…

結晶したはちみつの溶かし方

桜みつの封を切る前に、昔お菓子作り用に買った蜂蜜の「在庫処分」を…と思ってはみたものの。何しろ印字してある賞味期限*1を2年以上過ぎており、色が濃くなっているだけでなく中身の3分の1ほどはガビガビに固まった状態です。湯せんで溶かしても、冷める…

「さくら蜂蜜」ゲット!!

ハチミツQ&Aで「なるほど、だから売ってないのか…」と納得したわずか数日後、桜はちみつの現物に遭遇しました(それも試食アリ)。場所は3月14日の巣蜜を売っていた水谷養蜂園(松治郎の舗)。試食コーナーに定番のれんげ・アカシアと並んで「さくら」…

ミツバチと暮らす四季

ミツバチと暮らす四季作者: スーハベル,片岡真由美出版社/メーカー: 晶文社発売日: 1999/06/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る先日のハチミツをバタートーストにのせて食しつつ、昔読んだ本↑を思い出しました。ごく少数のオス蜂(英語でd…