【スポンサーリンク】

紅玉りんご

写真は今シーズン最後の1個。シーズン後半になると皮にスリ傷のあるものが多くなる気がしますが、中身&味には全く問題ナシ! 皮ごと美味しくいただけます。

そのままでおやつにもなりますし、またお菓子づくりには紅玉でなければ…! とこだわりを持つ方も多いのでは。*1

ぱる子家周辺の紅玉事情は、

  1. 5〜6年前  「大きめのスーパーでなら時々見かける」
  2. 2〜3年前  「たまに見かける」
  3. 1年前    「めったに見ない。稀にあっても他のりんごの倍近い値段」

と推移。とうとう近くのお店での入手はあきらめ、青森りんごの会(主催:キョーエイのトップページ)で5kg×6カ月のコースを申し込み、紅玉の補給路を確保したのでした。が、今度はおやつとは全く関係のない

*1:「お菓子のプロは紅玉しか使わない」ものとこの間まで信じていました。実は季節やその他の条件によって数品種を使い分けるところ、また板橋のガトーマスダのように信念を持って「ふじ」だけを使っているところなど、いろいろのようです。