【スポンサーリンク】

Naked Eyesの謎

  • 彼らの1stアルバム*1で印象的だったのは、コックニーというのでしょうか…映画「マイ・フェア・レディ」のイライザのような発音で歌っている! こと。dayが「ダイ」、sayが「サイ」、strangeが「ストラインジ」、などなど。
  • 2ndアルバム*2では上記の訛りがほぼ消えていて、再度びっくり。
  • さらに、たしか全米ベストテンに入った彼らのヒット曲「Promises, Promises」のサビの部分は、英国盤と米国盤で歌詞が違っています*3
  • 'not your style, your CUP OF TEA'(好みじゃない)というくだりがアメリカでは馴染みのない表現だからでしょうか…今回ゲットしたベスト盤は米国バージョンなので、昔聞き覚えた歌詞と違っていてあれ? と思いました。

*1:BURNING BRIDGES,日本盤タイトル『ネイキッド・アイズ』

*2:FUEL FOR THE FIRE,日本盤タイトル『イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ』

*3:日本盤は英国盤と同じ