【スポンサーリンク】

イギリスの食べ物がまずいわけ

↑イギリスの方、お気を悪くされたらごめんなさい。m(_ _)m
身辺にイギリス在住・旅行の経験者が多いのですが、食べ物についてあまり肯定的な感想を聞きません。せいぜい「チャイニーズレストランはうまかった」*1「滞在後半にできたフレンチの店は美味しかった」*2という位。

イギリスの料理が(多くの他国人にとっては)美味しくない理由として「ピューリタンの国なので、味覚の楽しみを追求することを良しとしていない」等というのはよく語られますが、昨日、銀の鈴さん(4月11日の日記にコメントをくれた方)から耳よりな新説を聞かせていただきました。

「Mr.ビーン*3を演じるローワン・アトキンソンの舌を見ると細くとがっていて、表面積がいかにも少なそう。もしかするとイギリス人の多くは彼のように舌の面積が小さいので味覚に比較的無頓着なのでは…?」というものです。今のところサンプル数が少なすぎて実証するのは難しそうですが…皆さん、どう思われますか?

イギリスはおいしい (文春文庫)

イギリスはおいしい (文春文庫)

*1:ただし高い、とのこと。

*2:オーナー、スタッフとも全員フランス人。食材もフランスから運んでいる由。

*3:Mr.ビーン Vol.1 [DVD]ほか