【スポンサーリンク】

根津の花影抄に行ってきました

ここでは5月6日まで「根津・根付彫刻展」開催中です。本日はイケメンの出展作家さんとお話しさせていただき(*^_^*)また制作過程も目の当たりにできて感激でした。

根付(ねつけ)とは、いわば「江戸時代の(携帯ならぬ)印籠・煙草入れストラップ」。一見4〜5センチ角の精巧なミニ彫刻とも見えますが、紐を通すための穴が開けられており、置物のように底面が平らとも限りません。また彫刻と違うのは、360度すべての角度から見られ、触れられること。

そのため根付には裏面・底面に小粋な、またはアッと驚く仕掛けがあるものも多いのです。花影抄ではケースに収まった作品を鑑賞するだけでなく、ケースから出して間近に見たり感触を味わったりという贅沢な体験ができます。日常と一味違った体験をしてみたい方、連休中に一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

Tea & Gallery 花影抄
根付作家さんのブログ