【スポンサーリンク】

moiのイベント

「カレリア旅行説明会」に参加してきました。今年の8月に「織の旅」、9月に「料理の旅」が企画されており、その説明会なのですが、今回参加予定でない人も歓迎とのことだったので…

うれしいことに、コーヒーと写真のカレリアンピーラッカ(カレリア風パイ)付き。ピーラッカはライ麦の素材が生きた上品なお味で、できることなら「おかわり」したかったです。moiの定番メニューにならないでしょうか…

ピーラッカの制作者にして旅行の主宰者、西尾さんもたいへんチャーミングな方で、現地の写真やその他の資料も充実しており、「フィンランド心」を刺激する楽しい集まりでした。話が料理方面に向いた時をねらって「プッラ」の件を尋ねてみたのですが、「甘い菓子パン」の総称だそうです。したがって、シナモンロールもプッラの1種ではあるがイコールではない、と。

とくにシナモンロールのことを言うときは「コルヴァプースティ」(korvapuusti)という言葉を使うとのこと。korvaは耳、korvapuustiは「耳への平手打ち」*1で、平手打ちで変形した耳に形が似ている(?!)ことからついた名前だとか…何だか殺伐としたネーミングですね。 *2

*1:moiのマスター訳では「往復ビンタ」

*2:タイトルの「⊃」は「含む」という意味の数学記号