【スポンサーリンク】

2000アクセス突破!ありがとうございます

最近、ひきこもりがちな生活が続き、ブログのネタにちょっと不自由していたりします。その原因の1つは、数日前に風呂場の給湯器が故障して診断&修理に来てもらうのに家にいなければいけなかったこと。しかし、この給湯器の件ではラッキーな出来事をいくつも経験しました。

写真は故障した給湯器を外したところ。ぽっかり穴が開いているのが給湯器のあった場所です。右側に見えるのは配管を外して壁に立てかけた浴槽。このときにまず、

  • 浴槽と床との間が湯アカ等で相当汚れていたのを綺麗に清掃していただきスッキリ

また、新給湯器の取付が終わって浴槽を戻すときに

  • 以前は傾いて設置されていたのを水平にして、下にゴムを敷いて安定させてもらった

…湯船の中で立ち上がると足元がグラグラするような不安定感はありましたが、入居時からその状態だったため特に疑問にも思っていませんでした。しかし上記の処置をしていただいてから使い心地がより快適になりました。

何よりラッキーだったのは、昨年秋に給湯器の部品が壊れて「自動お湯張り」ができなくなった際に修理をしなかったこと。とりあえずタイマーで時間を計ってお湯を入れ、必要に応じて追い焚きすれば特に支障ないので、ン万円払う必要もないのでは? と放置していたのですが、もし修理していたら(結局は給湯器全体の交換が必要になったわけなので)そのン万円は(誰が払うにせよ)ムダになっていたところでした…

交換に快く応じていただいた家主さん、そして丁寧な工事をしてくれたエネスタのSさんに心から感謝しています!