【スポンサーリンク】

中国茶専門店「福楼」

場所は東京芸術劇場1階です。各種中国茶、茶器、お菓子などを売っている店内にカウンター席が4〜5席、外(といっても芸術劇場の中なので屋内ですが)にテーブル席が4卓ほどの小さなお店。でもお茶の種類はけっこう多く、中には「国賓クラスしか飲めないお茶」という、お茶だけで1980円という強力なメニューも…。

中国茶専門店には「お菓子」が手薄なところが多く、おやつ愛好家には物足りなかったりするものですが、ここは写真のココナッツ餅のほか桃まんじゅう、ゆで団子などの「点心」があるので、ちょっと甘いものをつまみたい時にも便利です。

中国茶専門店 福楼

ちなみに、中国茶専門店での「お茶うけ」が松の実や南瓜の種、ドライフルーツ程度で、月餅やパイなどの濃厚な甘みのお菓子が登場しないのは、上等のお茶の香りを消さないためだそうです。反対に、甘いお菓子にはグレードの低いお茶のほうが合うのだとか。近所の茶藝館オーナーから聞いた話でした。