【スポンサーリンク】

原作・筒井康隆の「パプリカ」を観て

…いません。映画の感想があると思った方、ごめんなさい。でも近日、観に行こうと思っています。今日は原作のほうを読みました。

パプリカ (中公文庫)

パプリカ (中公文庫)

いきなり途中から始まったような印象で、最後も物語が収束した感じがしないまま終わってしまう不思議な小説です。「夢解釈」とか「精神分析」的なことに過大な期待をもって読むと、表面的にしかふれられていないので物足りないかも知れません。たぶんこのままの構成では映像になりにくいと思うので、どんなふうに料理しているのか楽しみです…

「パプリカ」公式サイト