【スポンサーリンク】

ガレット・デ・ロワ

…とは、フランスで1月6日の公現節*1を祝ってつくられる焼き菓子です。Galette des Roisとは「王様のお菓子」という意味で、中に小さな陶製の人形などの「フェーヴ」を入れておき、切り分けて食べる際このフェーヴが当たった人をその日の王(王妃)に選ぶ…というゲーム的な楽しさもあり、金色の紙製の王冠を付けて売られています。

日本でもいろいろなお店でこのガレット・デ・ロワを見かけるようになりました。以前にご紹介したフランス菓子屋シュルプリースでも扱っており、1台2,400円。今週中頃まではあるかも…というお話でした。フィリングはアーモンドクリームが普通ですが、シュルプリースのものはマロンも少し加えてあるとのことです。余計なことですが、この説明をしてくれた小竹向原店のパティシエさんが超・美形であったことも付け加えておきます…

【参考サイト】
クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワガレット・デ・ロワ基礎知識。各店のレシピも載ってます!
chocolat chocolatchocolatさんのブログ。各店ガレット・デ・ロワの食べ比べと「フェーヴ」レポートが充実。

*1:こうげんせつ。公現祭、顕現日、神現祭などともいう。幼子イエスへの東方の三博士の訪問と礼拝を記念する祭日。