【スポンサーリンク】

メゾンカイザーのガレット・デ・ロワ


池袋サンシャイン(アルパ)1Fのメゾンカイザーではまだガレット・デ・ロワを売っていたそうで、ぱる夫が買ってきてくれました。ここはホールサイズのものだけでなく小型(直径約12センチ)バージョンがあるところがポイントです! ちゃんと王冠(写真右)が付いており、フェーヴも焼き込んであります。

もっとも、小型は2〜3人で分けるのがせいぜいなので、フェーヴが当たったときのありがたみも薄くなってしまいますが…。また、容積のわりに表面積が大きいので、どうしてもパイ皮の存在感が大きくなり、フィリングをたっぷり楽しみたい方には物足りないかも。逆にサクサクのパイ皮大好き! という方には小型がお勧めです。

…さて、問題のフェーヴについては写真左をごらんください。大きさは2.6×1.6センチ。どうやらカッティングボードの上にバゲットを載せたところのようで、裏面には

の文字があります。他にもいろいろ種類があるのか? は残念ながらわかりません…。また、メゾンカイザーガレット・デ・ロワには「ガレット クェッチ(プラム)」「ブリオッシュ デ ロワ」という姉妹品もあり、いずれにも王冠とフェーヴが付いているようです。