【スポンサーリンク】

「カフェ・ブラボー」の愛を呼ぶショコラ!

ワーグナー トリスタンとイゾルデ (オペラ対訳ライブラリー) ワーグナートリスタンとイゾルデ」対訳
最近はあちこちのお店でバレンタイン・ケーキなるものが登場。それどころかバレンタイン和菓子まで売っていたりしますが、やはりバレンタインの王道はチョコレートでは? と思っているぱる子。沢山配る方でも持ち運びに気を使わなくて済むし、沢山もらう方でも賞味期限の心配が少ないし…それはさておき、このチョコレートケーキだけは見逃せません。何と言っても、食べた人は

  • 知らず知らずに心が開いて愛する準備が整うんです。しかも自分でもわからないうちに自分を愛してくれる人を受け入れてしまうんです。

というのですから!

…昨年、銀の鈴さんから教えていただきました。下北沢「カフェ・ブラボー」のペッパーショコラ【toriko】がそれです。他にシナモン風味の「チョコチーノ」や「アマレットショコラ」、「エスプレッソショコラ」があるようです。パンフレットの最後には

  • そうそう、彼が相手を間違えないように絶対手渡ししてくださいね

とだめ押ししてありますが、効能が上記の通りならたしかに…渡すだけでなく目の前で食してもらわないと安心できないのでは? と思ったり。実はこのケーキ、昨年ぱる夫とシェアして食べているのですが、砂糖を使っていないとは信じられない濃厚な美味しさでした。チョコレートにピンクの胡椒粒が鮮やかに映えて可愛かったのも印象に残っています。

【カフェ・ブラボー】
東京都世田谷区北沢2−9−3 三久ビル2階
電話 03−3466−7033

【なんでトリスタンとイゾルデなの?】
…と思われた方はトリスタンとイゾルデよもやま話であらすじをどうぞ。