【スポンサーリンク】

ついでに運動欲も…

盛り上がってきました。快復の証でしょうか。

→ここからは退院後の補足です。この日の午後、留置針の刺し替えが挙行されました(>_<) しだいに点滴の落ちが悪くなってきたためです。写真Aのあたりに「旧線」が通っていたのですが、写真Bの位置に新線(22号線?)が開通!

駆血帯(採血などの時に腕を縛る、例のゴムチューブですね)を巻いても、前腕を平手でピシャピシャ叩いても一向に存在を主張してこないぱる子の静脈に一発で命中させたナースの鮮やかな手技に感心&感謝しました。しかしこの「新線」も、最後の1〜2回の点滴ではまたまた「渋滞」が悪化して苦労することになるのですが…

参考サイト→点滴の取り方ーラインの用意から固定まで