【スポンサーリンク】

そろそろ一人で練習

できるようにならないと…というプレッシャーを感じなくもない、本日の練習内容でした。まず、手首・肘の柔軟かつ時間差のある動きを養うための(一見)簡単な準備運動から始まって、たとえば「自分の右手で自分の左手に技をかける」…といった混乱必至の「独り練習」技法を紹介。

その後、実際のディアローゴで3月11日に覚えた(はずの)「換歩→巡歩→按」などの3連コンボを使ってみたり。ところが先生が意地悪?してサイドステップでこちらのステップを封じてきたりするのでこちらも対抗して頭を使わざるをえません。…この「意地悪」が実は「変・停・化・先」、つまり相手の動きを事前に察知して封じる、受け流す、自分が先に技をかけてしまう…などの初歩の初歩らしく、これが使いこなせるようになってくると本当に楽しいやりとりができるのだろうなぁ…と遥かに想像される今日この頃です。暖かくなってくる(はずの)この季節、興味のある方はぜひ体験を。

エラスタルト