【スポンサーリンク】

免許皆伝?!

ここ3回ほどの稽古は以前のようにみんなで一斉に行う腕振(わんしん)、ストレッチなどの予備運動がなく、いつもいきなりディアローゴ(2人組になっての技のやりとり)のパターンです。しかも後藤先生の口からは

  • これで僕が教えるべきことはすべて教えました

という恐ろしいお言葉が! これからは各人、自分で考えて独り稽古→土曜日のディアローゴでその成果を確認、というニュアンスも感じられ、さすが鈍感なぱる子もひたひたと押し寄せてくるプレッシャーを感じるこの頃です。

…と、あまり煮詰まっても何なので、エラスタルトの副作用ならぬ「副効能」について。1月20日にちらりと名前の登場した、某国家機関にお勤めのKさんはもともと

  • 慢性的な肩凝りを解消したい

という動機でエラスタルトを始め、数カ月のうちに実際、肩こりがなくなったそうです。また、後藤先生の奥様のお話では

  • 基本運動の腕振をきっちり行うと内臓活動が活発になるのを感じる

とのことで、お通じの改善にも有効とか。ぱる子が今年に入ってから実感しているのは

  • バタフライを泳ぐのが楽になった

ということ。特にタイムが短縮したわけではありませんが「バタフライ→疲れる、イヤだなあ」という感じではなくなりました。自分では3月11日31日に書いた「肩胛骨の間の深層筋」を使えるようになってきたためかも? と思ったりしています。以上、「純粋にディアローゴを楽しむことが目的」という後藤先生の本意からはちょっと離れるかも知れませんが、ここに紹介させていただきました。

興味を持たれた方、エラスタルトは毎週土曜日朝10時より、光が丘公園で体験できます!