【スポンサーリンク】

新技「前換歩」登場!

1月20日には「前になっている足を引いていったん両足を揃えてから、反対の足を出す」前後の足のスイッチ動作として紹介した「換歩(かんぽ)」ですが、これに逆パターンが加わりました。「後ろ足を前に出していったん両足を揃えてから、反対の足を出す」換歩、「前換歩(まえかんぽ)」です。これに伴って、従来の換歩は「後換歩(うしろかんぽ)」と呼ばれることになりました。

この新技登場は、4月7日に初めての*1前進技「推(すい)」が登場したのと関連しているような気がします。いずれにしても、押し系の技は腕と体幹の対立がうまく使えていないと固い感触(力のぶつかり合い)になりがちなので、より体を練ることが必要になってきます。

そのためか、エラスタルト基本中の基本「腕振(わんしん)」も最近は前後・左右に動きながらより自由自在に行えるように…と稽古内容が変わってきました。というわけで、後藤先生の5月5日のお言葉はあくまでも「あの時点では」ということだったようですね。まだまだ「隠し玉」がありそうな予感が。

過去のエラスタルトの記事
エラスタルト

*1:正確には「十数年ぶりの」