【スポンサーリンク】

ゴルトベルク変奏曲の「再創造」とは?!

…を試聴してきました。何でもただのリマスター盤ではなく、1955年のモノラル録音をコンピュータ解析して、それを自動演奏ピアノ(1段鍵盤・2段鍵盤の両方が使用されたようです)により再現したものだそうです。

実際聴いてみると、グールド本人が最高のコンディションに調律されたコンサートグランドで演奏しているような、いわば音響版SFX。映画グラディエーター [DVD]でCGによって在りし日の姿そのままに再現されたローマのコロッセウムを見るような驚きがあります。凄い! とは思ったものの、結局購入したのはモノラル盤のほう。理由は…例の「唸り声」がないとグールドを聴いてる気がしないから。何か彼が「サイボーグ化」されてしまったかのようで…。

こういう技術がどんどん進んでいくと、将来はミスタッチを全部修正した「コルトーショパン」なんかも登場したりするのでしょうか?