【スポンサーリンク】

夢民→炒伽哩(チャオカリー)続報

10月9日の記事で「味はほとんど変わっていない」と書いてから二度(江古田店・南池袋店)訪れましたが、スパイスの味に明らかな変化が出ているようです。辛さmax体験がたしか4〜5HOTで、最近はほとんど0〜1HOTしかオーダーしないぱる子は

  • ん? 微妙に味が変わったような…?

程度の感じ方ですが、過去数年間で着実に辛さ強度を上げ、最近は大人しい気分の時でも6HOT。10HOT以上を頼むこともしばしば、というぱる夫によれば

  • 以前の夢民では6を越えるあたりから舌の後ろにスカッと抜けるような爽快な辛さが感じられたが、炒伽哩になってからは口腔の表面全体でヒリつくベタな、底の浅い辛さになってしまった…

とのこと(おまえはどこのカレー評論家様だ、というコメントですね)。しかし「炒伽哩」南池袋店の方からも

  • 野菜の味をより生かす方向にスパイスの配合・濃度を変更したが、お客様からは色々な声をいただいている

とお聞きしました。夢民のカレーは他のカレーではまず代用の利かない独自の味なので、味が変わってしまうのは大打撃! という方も(特にHOT度数の高いファンの中には)いらっしゃるかも。とりあえず希望を持って今後の展開を見守りたいと思います…
インド式カレー*夢民←こちらは早稲田店(現在唯一の「夢民」)のホームページ