【スポンサーリンク】

プラハ国立歌劇場「椿姫」@練馬文化センター

ヴェルディ 椿姫 (オペラ対訳ライブラリー)

ヴェルディ 椿姫 (オペラ対訳ライブラリー)

…とうとう行ってしまいました。2階席。しかしバードウォッチングにも使える10倍の「双眼鏡」持参なので、舞台の細部まで問題なく見えます。というか、高倍率すぎて一度に一人の人物しか見られません…*1。オープニングが何とも強烈で、驚きました。一応「高級」が付いているのだから「現金手渡し」はナシだと思うのですが…。

【主な配役】
ヴィオレッタ…シモナ・プロハースコヴァー
アルフレード…トマーシュ・チェルニー
ジェルモン…マルティン・バールタ
男爵…ロマン・ヴォツェル

…となっています。ジェルモンはいかにも端正、男爵も渋い男前で出番が少ないのがもったいない感じ。また、第2幕「仮面舞踏会」のダンスシーンにも工夫があり、なかなか際どくて素敵でした。案外「ご近所」でこんな素晴らしい公演が聴けるとは…何だか今後、どんどんハマりそうな予感が。

ところで上記の本、文法その他の注付きで全対訳が載っているだけでなく、「訳者あとがき」の5ページに小デュマの小説『椿姫』とオペラ『ラ・トラヴィアータ』の関係、実在したヴィオレッタのモデルなど興味深い情報がぎっしり詰まっています。超オススメ。

*1:「オペラグラス」は普通3〜4倍で、もっと視界が広い。