【スポンサーリンク】

東武練馬駅「南口」の変貌

新しくツタヤができたと聞いて、見物に出かけてきました。すると、光が丘IMAから姿を消して数年になるマザーリーフ東武練馬駅南口駅ビルの2階に復活しているではありませんか。この駅ビルは11月6日にオープンしたらしく、東武鉄道の広報によると「駅ナカショップ」なのに場所は「改札外」というちょっと不思議な存在。以前は古〜いおそば屋さんやケンタッキーがあった所です。

1階には練馬の雄「アンテンドゥ」(ベーカリー)をはじめサルヴァトーレクオモ(ピッツァ)、フロプレステージュ(パティスリー)が入っており、サティのある北口に比べて明らかに後れを取っていた南口が猛然と逆襲を始めたかのように、異様にお洒落な雰囲気が漂っていてとても「東武練馬」とは思えません(失礼!)。あとはあの危険な踏切を何とかして欲しい…と心から願うぱる子でした。