【スポンサーリンク】

旨辛至福研究飯店 陳麻家

…に初めて入りました(四谷三丁目店)。写真ではちょっと読みにくいかもしれませんが、何しろコピーが

  • 人、三度、陳麻飯を食すとき、舌に天使が舞い降りる。

に始まり、

  • …鮮烈たる香辛料の力は食した者の体内にて目覚め 凡庸たる食味に飽いた感性に炎を灯す。

といった調子で続いているのを読んで、「激辛ジャンキー」相手の何やらえぐい商売をしているお店では? といった失礼な感想を抱いてしまいました(ごめんなさい)。ちなみに「陳麻飯」とは麻婆豆腐のせご飯のこと。

さて、同行のぱる夫(近年は相当、激辛好き)は担々麺と問題の陳麻飯(ハーフ)を頼み、ぱる子ははなから「激辛モノハ相手ニセズ」の姿勢で豚玉麺をオーダー。しかし! 「ちょっとだけ味見」のつもりで手を出した陳麻飯とマイルドな豚玉麺が想定外の絶妙な相性で、結局「4分の3」(ぱる夫談)は私が平らげてしまい、ぱる夫の分は追加オーダーする始末。ここ2、3年で急速に店舗増殖中のようなので、機会があったらぜひトライしてみてください。味にふくらみのある辛さで、たしかに「癖になる」味だと思います…辛み系以外のメニューも充実していますので、ぜひ。

旨辛至福研究飯店 陳麻家