【スポンサーリンク】

ブックサロン「アバッキオ」@高円寺

先日の高円寺散策中、いかにも「隠れ家バー」でもありそうな狭い狭い路地の入り口に
ABBACCHIO  Book Salon & More...
という緑色の看板を発見。当然、ぱる夫(古本好き)とともに突入してみるとそこは何やら文学・アート系寄りの小さいながらもお洒落な古本屋さん。入り口のドアに

  • Barではありません。

という注意書きがあるのですが、路地の雰囲気が雰囲気だし、店内にカウンターはあるし、たしかにバーと間違える方もいそうです。「アバッキオ」といえば、ぱる子にはジョジョの奇妙な冒険(シーン39)に登場する「あの方」しか連想できないのですが、コミックなど一冊もない店内…ヒゲと眼鏡がいかにもトンガったセンスを感じさせるオーナーの容貌…しかしここはぜひ確認しておかなければ! と蛮勇をふるってはみたものの

  • あの…もしかしてジョジョ』の第5部と関係…なんか、あったり…(しませんよね?)

と、どんどん声がディミニュエンド。一瞬反応がなく(しまった…どうやって撤収しよう?)と考えた直後、オーナーさんが突然笑顔になり

  • 実は(お店の名前)そこからとったんですよ。これ、見ました?

と写真の『ユリイカ』をカウンターの下から取り出してきたのでホッとしました。「いや、実はうちにもあるんですよ…ね?」と振り返ってみれば、そこにぱる夫の姿はなし。この会話が始まる直前から警戒して、店外のワゴンの本を見るジェスチャーで距離を取り「他人のふり」をしていたことが(後の事情聴取で)判明。何だか先が思いやられる新年早々の出来事でした…

アバッキオ紹介ページ←店内を写真入りで詳細に案内。