【スポンサーリンク】

「探」だけで面白いと思えればしめたもの

…だそうです。本日の稽古内容は07年12月16日にも出てきた「基本探手」を先生と組んで練習した後、その発展形として(採・推などの技は入れず)ひたすら「探手」を行い、さらにそれに「探歩(前後に歩く)」を加える、というものでした。

  • 自分の手が相手の手の内側に入ったとき前(後)への動きを入れてみる
  • 独り練習の時も、常に相手の手の位置・感触を意識しつつ行う(ただ機械的に体操のように行うことは意味がない)

…というあたりがポイントのようです。それにしても今日は寒い稽古でした。陽が当たっていてさえ、ちょっと風が出るとニット帽を抜けて耳にしみ通る感じです。中の人:ITさん@神奈川,ぱる子)

エラスタルトのホームページ