【スポンサーリンク】

つぶつぶ2題

■其の壱 ディッピンドッツアイスクリーム
2月19日に登場。ぱる子が試食したのはコンビニで売っている「しっとりタイプ」ですが、実はこれ、専門店で食べると食感がまったく別ものだそうです。おそらく冷凍庫の温度設定の違いによるものでしょう。マイナス40℃ ディッピンドッツアイスクリーム(どすこいスイーツ道場2006年1月21日)に販売風景の写真がありますが、「本物」はスコップ様の道具で「ザラッ」とカップにすくい入れてくれる模様。さらに冷たさ度合も、アイスの粒が「舌や頬の内側に張り付くほど」とか。他の話題としては、袋入りdippin’ dotsの自販機も世界のどこか(アメリカ? 少なくともドル圏)に存在しているようです…ディッピンドッツ自動販売機

■其の弐 六花のつゆ
3月8日に登場。写真撮影後、歴戦の勇者(?)くいばんさんに試食レポートをお願いしました。

  • 青(ペパーミントリキュール)はかなりミントの香り(個性)がつよい味
  • 黄(ブランデー)はおフランスの黄金の葡萄畑が目に浮かぶ濃厚な味わい
  • 赤(ハスカップ酒)はとってもさわやかウォッカ

とのこと。超ミニサイズながらしっかりお酒の個性が感じられるとは…薄氷を砕くごとく(六花亭の六花のつゆ)(ココロにおやつ2008年2月18日)の写真を見ると、1種類6個ずつの四角いパッケージのものもあるのですね。これはこれで可愛いかも。今のところ通販できるサイトが見つからないのですが、(甘い)お酒好きの方へのプレゼントにすると喜ばれること確実かと。「紅茶にひとつぶ入れる」という裏技(?)もあるようです。