【スポンサーリンク】

久しぶりの稽古

昨晩、月がおぼろに霞んでいたので今日はてっきり雨かと思っていたら、晴れ。しかも風は適度に涼しく、絶好のエラスタルト日和。ということで、何とか行ってきました…

今日は、ここしばらく封印されていた「推」も使っての自由ディアローゴ。その中で

  • 探歩から換歩への移行
  • 探歩→方向転換を伴う換歩
  • 方向転換を伴う換歩に続いて、相手と向かい合う側に「肩から」斜めに入り込む(相手の背中側に回り込むのではなく)

…などのバリエーションを練習しました。また、相手が「巡歩」に入った時にその方向をそらして主導権を取り返してしまうやり方も。

これらはエラスタルトの「返・停・化・先」でいえば「化」(=相手のしかけてきた技の力の方向をそらして自分の技にしてしまう)にあたります*1。実際には何だか足元がヘロヘロで体がついていかなかったので、後日のため書くだけ書いておきました。一方で、こういう動作ばかり練習していると今度は素直に「傾聴」するやり方を忘れそうなので、稽古が自由ディアローゴ中心になればなるほど、一度は制定ディアローゴをしっかり行っておくことが必要かも。中の人:ぱる子
エラスタルトのホームページ

*1:ちなみに、残りの3つ「返」は相手の技に同じ技で返す、「停」は技に逆らって相手の動作を止める、「先」は技の起こりを察知して先に自分が技をかける…というもの。