【スポンサーリンク】

髪とかんざし館@江古田北口

とりあえずこのカテゴリに入れてみましたが、お店ではなく日本髪&髪飾りに特化した超ミニ博物館です。ぱる子は数年前に一度訪れたのみ。その時のテーマは

  • 一葉文学に見る明治の髪型と歌舞伎の中の伝法な女たち

というものでした。「桃割」「銀杏返し」など、本で読むときは文字だけで何となく流している日本髪の名称ですが、床山の谷川秀雄さんが結い上げたかつらの実物を見ると、なるほど…と感じるところがあったりなかったり。和装に縁のないぱる子には少々「猫に小判」という感じでもったいなかった記憶があります。

和装、古典文学、歌舞伎をはじめとした演劇、日本画…等々に興味のある方にはたいへん貴重な展示だと思うので、紹介してみました。現在の展示(7月13日まで、月・水・金休み)は下記の通り。

  • 「鏡山旧錦絵」花見の場(御殿物の代表的な髪型6種を展示)
  • 日本髪を彩るべっ甲の髪飾り

【髪とかんざし館】
住所:東京都練馬区栄町41−16
電話:03−3557−7554
開館時間:11時〜17時
休館:月・水・金曜日
料金:一般700円/学生500円(珈琲付)

髪とかんざし館のホームページ