【スポンサーリンク】

「腕振」復活!

本日雨のため、休憩所太陽での稽古。少し遅れて到着したぱる子に後藤先生の第一声「今日みたいな日は休んだらいいのに」。そう言われてまたのこのこ帰るわけにもいかず…もしかして意地悪?? 先週も腰痛で休んでしまい、このところ非常に出席率が悪いので(ついでにぱる夫も所用で休み多し)そう言われても仕方ないですが。しかしめげずに

  • いや、こういう時こそ「頑張ってるな」という印象を与えるためにあえて来てみました!

と答えるぱる子でした。

それはともかく、本日は自由ディアローゴの他に棒を使って推・採の基本練習、それに腕振(両手一緒&左右別バージョン)、などを行いました。特に先生とのディアローゴでは探歩を重点的に。探歩、巡歩、また続けて探歩…とぐるぐる回って少し頭がクラクラ。また、手が相手の手の内側にとどまっている状態から外に出る際、反対に相手の手の外側から内に入る際、の圧の加え方*1も復習しました。これをマスターすれば探手のやりとりの中で常に手首の密着が保てるようになる、はずです。そうそう、来月からは参加費のシステムが少し変わるかも…というアナウンスも。中の人:Nさん@操体法,ぱる子

過去のエラスタルトの記事

*1:内→外のときは斜め下方、つまり相手の下腹部に向けてねじり込むような感じ。外→内のときは換歩のときと同様。