【スポンサーリンク】

いよいよ新・料金制に

今月から定例の土曜稽古会の参加料が1回2000円となりました。初回参加料と個人指導の料金については…聞き忘れました、すみません。次回、先生に確認してみます。耳寄りな話として

  • 「象の鼻」を達成?クリア?した方は参加料無料

となるそうです。要するに、今回の料金改定の真意は「一日も早く象の鼻を完成してほしい」…参加者のモチベーションアップを狙ってということですね。

さて、練習の流れは 復活した腕振→順次相手を替えての自由ディアローゴ→腕振 というシンプルなものに。最近、練習の中で制定ディアローゴは行っていませんが、これは一人でメモを見ながらでも復習しておいたほうが良いと思います(ぱる子の個人的意見)。なぜかというと、前回に続き昨日も巡歩を重点的に練習したのですが、相手が巡歩の動作に入ろうとしたとき

  • 半歩横のほうに出て止める(停)
  • 相手の動きを吸収するように一歩下がって方向をそらす(化)

…などを繰り返し稽古していると、だんだん「素直に傾聴する」やり方がわからなくなってしまうので。また、上の「化」の動作のとき相手との適正な間合いと接触点の圧を保っていないと

  • 相手を「いなす」のではなく「押されているだけ」になってしまう

ので間合いに注意、という指摘も。陽射しは強くなっていますが気温はまだそんなに上がらず、何より風が爽やかで非常に快適な稽古日和でした。中の人:Iさん@御殿手,ぱる夫,ぱる子
エラスタルトのホームページ