【スポンサーリンク】

ガンバレ副都心線


去る6月14日ついに開通した東京メトロ副都心線」。これまで「新線池袋発」を少々待ってでもゆったり座って帰りたい時のオプションとして愛用していたのでいささか複雑ですが、一本で渋谷まで行けるというのは便利になった点もあるのかな? 位に思っていたら、どうも初日からダイヤの混乱が続いているもよう。

  • かつての「新線池袋」と丸の内線「池袋」を結ぶ地下通路の開通(出口がどこに通じているのか、池袋歴ン十年のぱる子にも皆目不明)
  • 有楽町線内に「8両編成」の車両出現(ホームでの立ち位置に注意が必要)
  • 同じく、急行(=通過)電車の出現(何となく悔しい…)
  • 小竹向原」で乗り換え時、ホームのどちら側で待てば良いのかぎりぎりまで判らず(乗客右往左往)

…など、池袋に出るだけでも戸惑うことがいろいろ。本日午前10時過ぎにもなお「連日の運行遅れにより、お客様には大変ご迷惑をおかけしております…」と、まとめて謝罪モードの車内アナウンスが流れていました。今のところ、行き先が渋谷方面でも乗り込むのは「賭け」の感がある副都心線。一日も早く「安心して通勤(通学)に利用できる路線」に成長してほしいものです!

【参考サイト】 1752.副都心線の複雑な種別形態(red star's Blog 2008年5月9日)