【スポンサーリンク】

キルフェボンのタルト(その1)


前々から噂だけは耳にしていたキルフェボン。さっそく出かけた代官山リベンジツアーで遭遇しました。代官山にもお店があったんですねー。1階のショーケースには「観賞用?」と見まがうほど美しく輝くタルトたちが並び、2階には広々したイートインスペースが…。胡麻がびっしりまぶされているのが「(千葉県産)大栄愛娘と3種の胡麻のタルト」、端っこに粉砂糖がかかっているのが「バナナとクリームチーズのタルト」、そして華やかにフルーツ炸裂! しているのが「南国フルーツのタルト」です。

また、ショーケースで何といっても目を引いたのはさくらんぼのタルト(佐藤錦とアメリカンチェリーの2バージョンあり)、そしてメロンのタルト。しかしいずれも1ピース(ホールじゃないですよ)1200円を超えるお値段…「特別の機会」に清水の舞台から飛び降りたつもりで! と思っても、桜桃やメロンの季節には(うちでは)誰の誕生日も特段の記念日もなく残念。どなたかこの季節に誕生日とかお祝い事があって「口実」役を務めてくださる方を募集したいです…(つづく)