【スポンサーリンク】

日韓交流カフェ「旅人木」@新大久保

大久保通り、JR新大久保の駅を背にして右側のビル3階にあります。カフェといっても、メニューはいわゆる「韓国伝統茶」のみ。お茶を頼むと写真のような軽い揚げ菓子が付いてきます。

実は先日、韓花房(閉店)をめざした時も密かに狙っていたのが、遠い昔ソウルは仁寺洞*1で飲んだお茶に再会すること。何しろ他では飲んだことのない、ちょっと薬っぽい濃厚な味で、真夏にやたら歩き回った疲れがスーッと回復した記憶が強烈だったので、さほど熱心ではないにせよ折りにふれて探していました。

今は日本でもすっかりおなじみの柚子茶(ユジャチャ)をはじめ五味(オミ)茶、生姜(センガン)茶…と並んだメニューを見ていくうちに、これかな? と記憶中枢を刺激する名前「双和(サンファ)茶」に遭遇。お店の方に確認すると「韓国ではけっこう強烈な味ですよ、漢方の味というか、苦い…」という微妙なコメントが返ってきたのに力を得て(?)注文してみたら、ビンゴ! まさにあの懐かしの味(^^) 苦くは感じませんが、やはりそこはかとなく「薬風味」。でもそこが良い。大満足して帰途についたぱる子でした。 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ

【旅人木(ヨジンボク)】
東京都新宿区百人町1−6−15 NKビル3階
電話 03−6913−4225

※韓国語教室も開催しているようです。

*1:「インサドン」。骨董街として知られる。