【スポンサーリンク】

今年もメゾンカイザーの「ガレット・デ・ロワ」


2007年1月にご紹介したものと同じ、小型バージョン。約2.5センチ角のフェーヴ(右写真)にはなぜかSamantha 10ans(サマンサ 10歳)と書いてあります。正直、パイに埋め込むのが難しい形状ですが、子供などの誤飲を防ぐための工夫かもしれません。

ところでメゾンカイザーといえば、おフランスで育った方々の味覚を(一応)満足させうるパンは、日本ではこことVIRONにしか存在しないとか?! 「こんなのパンじゃない!」と日々ストレスを溜めている帰国子女の方、一度トライしてみてはいかがでしょうか。両店とも小麦粉をフランスから輸入しているのがポイントとみました! にほんブログ村 スイーツブログへ

メゾンカイザー
ヴィロン紹介ページ