【スポンサーリンク】

ThinkPadのクリックボタンがへたった時


数日前から左のクリックボタンの感触が変になりました。押し下げたとき、正常なら「ポコッ」という抵抗感があるべきところ「クチャ」という弾力のないタッチになり、特にダブルクリックするとき戻りが悪くて不快。内部のスプリングか何かが駄目になったのかな? と検索してみると、どうやらゴムパーツの破損が原因だとか。参考にしたサイト↓

ジャンクノートパソコンとキーボード修理の例
ThinkPadの部屋(トラックポインタ左クリックボタンの修理)

「へたった」などといわず「クリック感がない」と表現するのですね、なるほど…。上記サイトを参考に恐る恐る、まず大事にとってあった先代ThinkPad様(R31)の左クリックボタンを外すのに成功。勢いに乗って当代マシン(R40)のボタンも外したところが右写真。たしかにゴムキャップ(青丸で囲んだ部分)*1が割れてしまってます(左写真)。さっそく先代の無事なパーツと交換してめでたく「クリック感」回復! しかし…

たまたま手元にもう1台のThinkPadがあったからいいようなものの、1台しか持っていない場合はレノボに修理依頼するしかないのでしょうか。実は、真ん中の青いボタン(黄色い丸で囲んだ部分)にも全く同一のパーツが入っています。幅の広いほう(キーボード側)からドライバーを差し込んで赤いクリックボタンと同様に外せるので、このボタンのスクロール機能を使わない人(ぱる子含む)ならここのゴムキャップと左ボタンのゴムキャップを交換すればOK! 「よくできました」とちょっぴり自画自賛しつつ、本日のブログを終わります。 ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:正式名称は「ラバードーム」。