【スポンサーリンク】

糖衣がけアーモンド(プラリーヌ)

人力検索の質問(コーヒー味のぶつぶつした糖衣でコーティングされたアーモンド)に触発されていろいろ調べているうち、食べたくなってきてしまいました。チョコでコーティングしたアーモンドや塩味のローストアーモンドは定番ですが、糖衣だけとなると非常に稀。id:chinjuhさん発見のココアアーモンドはその珍しい糖衣がけアーモンド、しかもお手頃な値段の袋菓子!(買おうかな)

一方、ぱる子のおやつファイルから発掘されたのは写真の切り抜き(朝日新聞「逸品ものがたり」)。フランスの老舗「マゼ」のプラズリンを紹介しているものです。

アーモンドに糖液を何度も回しかけ、回転式ドラムで転がしながら熱して、深く色づいたアメがけにする。凸凹したアメは歯ざわりよく、アーモンドと相まって香ばしさが広がる。

輸入品とあってお値段はひと桁上、ですがなかなかに魅惑的。「プラズリン」という名前の由来は17世紀にいた同名の公爵(彼のお抱え料理長がレシピを考案)で、

公爵の外交的・政治的成功は、このお菓子によって後押しされたとすら言われている。

…そうです。政治の陰にスイーツあり?! こちらは新宿伊勢丹の地下で買えるもよう。本年3月の購入・試食レポートもあるので、たぶん大丈夫でしょう。 にほんブログ村 スイーツブログへ

伊勢丹新宿本店】
本館地下1階食品フロア カフェ エ シュクレ内「マ・パティスリー」
電話 03−3352−1111(代表)
営業 10時〜20時(不定休)
価格 (6粒入り)788円,(125g入り)2520円

【おまけ】
プラリーヌ製法←家庭ではちょっと手ごわそう…
プラリネとは何?整理してみました←なるほど。勉強になりました