【スポンサーリンク】

その他リス編(キタリス・アカリス)


昨日の続きです。町田リス園の動物たち(公式サイト内)にはタイワンリスキタリス(左写真)・アカリス(右写真)*1の他シマリスエゾリス・ムギワラリスが掲載されていますが、シマリス以下3種はまったく姿を見せませんでした。

特にエゾリスのヤマト(♀)については

新米の飼育係には必ず「血の洗礼」をもって歓迎するという、大変な荒くれ者である。
一度頭をかじられた時には「ゴリッ」と音がした。リス園最強のリスである。
目の前で手をかざしてみると、飛びかかってくる。

という最強伝説に魅せられたぱる夫が非常に見たがっていただけに、残念です。あと、タイワンリスの放飼場に一緒に放されている(はずの)ケヅメリクガメを見損なったのも少々心残り。まあ、カメは混雑のためこの日はしまってあった可能性も大ですが。

リス園HPだけでなく、園内に掲示されている各動物の説明文もどこか醒めているというか、動物に対する幻想をさりげなく壊してくれる一言が入っていて、なかなか素敵です。写真が一番可愛く撮れている(と思われる)アカリスも、HPでは「がさつなだけかと思いきや、人にはあまり慣れず」と散々な言われよう。…リス園では小動物の飼い方も教えてくれるとのことですが、こんな紹介ができる方のアドバイスなら信頼できそうですね*2。 にほんブログ村 小動物ブログへ

*1:6日の記事と同じ個体。

*2:「飼いにくさ」の実態も包み隠さず教えてくれそうで…。