【スポンサーリンク】

香港版メロンパン「菠蘿油」

こんにちは。湿気でネムネムのぱる子です。さて先日、香港出身の方から話に聞いて以来、「一度は食べてみたいなぁ…」と思っているのがこの菠蘿油(ポーローヤウ)。直訳すれば「パイナップルパン」*1となる菠蘿包(ポーローパーウ)をハンバーガーのバンズのごとく水平方向に切って、間にバターをはさんだもの。朝のコーヒーとの相性が抜群に良さそうなところに惹かれます! にほんブログ村 スイーツブログへ

菠蘿包-Wikipedia
↑メロンパンの別名を「サンライズ」というのは全然知りませんでした。
菠蘿油(ポーローヤウ)-関心空間
↑リンク先をたどってみると、お店によりパンの形はいろいろ。日本のメロンパンと違うのは、四角っぽい形のものがしばしば見受けられるところでしょうか。
檀島の鴛鴦茶とゆるゆる玉子と菠蘿油(開心香港街市)

はさんであるバターがトローリと溶けて、生地にしっかりしみ込んでいます。甘い生地とバターの塩気。

…美味しそう過ぎる。

*1:日本の「メロンパン」と同じく、表面の形状に由来する呼称。パイナップル味ではない。