【スポンサーリンク】

思わず涙目! クリの蜂蜜

松治郎の舗「そうとう強烈」というお話はうかがっていたものの、怖いもの食べたさで一度はチャレンジしようと思っていた栗はちみつ。巣蜜同様、意外と早く家にやってきました。イタリアはトスカーナ州の栗の花から採った蜜だそうです。売っていたお店は成城石井

「クセがあり好みが分かれる」と聞いていたソバ蜂蜜も普通に食べられたし所詮はハチミツ、そんな突飛な味のものがあるわけないじゃない…と侮っていたら甘かった。香りというか匂いはやはり濡れたインコ系とはいえ、恐れたほどではありませんでしたが、肝心の味が…。そば蜂蜜が「漢方系」の味とすればくり蜂蜜は「西洋シロップ薬系」の、軟口蓋にべったり残る味。

ヨーグルトに混ぜてみても強烈に自己主張するし、これ400gの瓶だし、どうしよう…と試行錯誤した結果、以下の方法だと比較的抵抗なく食べられることが判明しました。
1. 砂糖代わりに料理に使う。
2. ちょっと焦げ気味にしたトーストにかける。
特に、2の焦げ味との相性が良い感じ。次はケーキを焼く時に使ってみようかと計画中です。 にほんブログ村 スイーツブログへ

奥羽山麓の美味しい蜂蜜(角館養蜂場)
↑栗蜂蜜について大変マズイ(赤文字原文のママ)との紹介が! それでも完売している不思議。
ミエリツィア 栗のハチミツ←通販可。ご購入はくれぐれも自己責任で。