【スポンサーリンク】

さて、ダーリンの性格は…

Mio Marito(私の夫)の翻訳、7月9日の続きです。※

夫は、友人たちにとても好かれている。彼はユーモアのある人で、いたずらを仕掛けるのが大好きだ。ベッドにカエルを入れたかと思えば、室内履きにジャムを入れてみたり。一度など私にパイを焼いてくれたけど、中には死んだネズミが入っていた。

夫の同僚は彼をとても頭のよい人間と思っていて、よく夫の助言を求めにやってくる。特に日曜日には。ドアを開けに出ていって、彼らを中に通して、応接間に案内するのは私の役目だ。(以上、8頁5行目から8頁終わりまで)

…文章を読む前、ベッドからカエルが飛び出すの図を見て「ああ、いたずら盛りの子供がいるのね」と思っていましたが、まさか夫のしわざだったとは。ネズミの一件に至るまで「ユーモア」で済ませる奥さんの大度量には感服です。(つづく) ブログランキング・にほんブログ村へ

※つづきは9月21日