【スポンサーリンク】

METライブビューその1「トスカ」

タイトル・ロール(トスカ)はカリタ・マッティラ。そして警視総監スカルピア役にも当初はユハ・ウーシタロが予定されていたそうで、オペラ界にフィンランド人の進出が著しいことに驚かされます。舞台の写真はこちら。 

気高く信仰の篤い歌姫というよりはエキセントリック、かつ演技力抜群の女優といった趣のトスカ、そしてオペラ座ならぬファルネーゼ宮の怪人といった趣のスカルピア(ジョージ・ギャグニッザ)にはさまれて、ごくごく素直なカヴァラドッシ(マルセロ・アルバレス)が一番輝いた印象でした… ブログランキング・にほんブログ村へ