【スポンサーリンク】

クリスマス・プディング(Butler's Grove)


結局、今年のクリスマスのお菓子はシュトーレンでもパネトーネでもなく、英国風にプラム・プディング(ジークレフで購入)となりました。左写真はしばらく蒸して、生クリームをかけたところ。ヒイラギ等、飾りのないのがさびしい〜

クリスマスプディング(Wikipedia)にある、

強いて言えば「具だけのパウンドケーキ」

という説明は言い得て妙。甘味はそれほど強くなく、いろいろなスパイスが融合した、ちょっぴり刺激的な味。生クリームがあったほうが味がまとまる感じがします。また、外形が小さなわりに凝縮されたボリュームがあるので食べ過ぎ注意。といっても、そんなに大きなものが市販されているのは見たことないですが…。ちなみに、うちの歴代ラットの中では故・ラビィだけが(たしかハロッズの)クリスマスプディングを食べたことがあります。 にほんブログ村 スイーツブログへ