【スポンサーリンク】

METライブビューその7「シモン・ボッカネグラ」

今回だけ、タイムスケジュールの裏面に写真のような「人物相関図」が印刷されていました。相当込み入った話の予感。そして何と三大テノールの一人、プラシド・ドミンゴバリトンであるシモン・ボッカネグラを歌います。指揮者のJ.レヴァインは開幕直前のインタビューで「ドミンゴの声は元々バリトン寄りだから…」とフォローっぽいことも語っていましたが、はたしてどうなるのか。 ブログランキング・にほんブログ村へ