【スポンサーリンク】

どうでもいいこと(消しゴム)


文字と違って音符はついぐりぐり書いてしまうせいか、間違ったところを消しゴムで消しても見苦しい跡(右写真)が残ってキィーッ! となることが何度も…。消しゴムの質が悪いのでは、と疑ってレビューサイトを見に行ったりもしましたが、左写真のような状態で使えば鉛筆の汚れを伸ばして悲惨な結果になるのは当然、ということに遅まきながら(ホント遅い…)気づいた今日この頃。

使用前・後に不要な紙で「カラ消し」して表面を白い状態に保っておけばいつも気持ちよく使えます。ついでに、消しゴムに付いている紙やプラスチックのカバー(スリーブ)、本体が減ってくると合わせて切りつめるのが面倒で捨ててしまったりしていませんか? スリーブ無しで使っていると手の脂が消しゴム表面に付着して、やはり消し跡が汚くなるので要注意! ブログランキング・にほんブログ村へ

【おまけ】試験などここぞ! という時は鉛筆を多めに用意するのはもちろん、消しゴムも2個持っていくと安心(鉛筆やシャープペン付属の"消しゴム"に頼るのは論外)。さらに、ハンカチを敷いた上に筆記用具を置けば摩擦係数が増して落としにくく快適です。