【スポンサーリンク】

江古田ミツバチプロジェクト見学


…に行ってきました。まだ風は冷たいものの快晴で、蜂たちはかなり活発に飛び回っていました(右写真)。巣箱はむき出しではなく施錠できる扉付きのパーティションで四方を囲い3カ所ほどにガラス窓を設けた観察小屋スタイルになっており、ミツバチはパーティションの上から出入りします。巣箱前に散らばっているのは巣枠からはみ出した「無駄巣」を削り落としたもの。

会場の武蔵大学にはほんの小さな貼り紙の案内があるだけなのに、屋上に上がってみると(場所が狭いのもありますが)人が一杯で驚きました。到着は10時を回った頃でしたが、巣枠(左写真)を取り出して手回し遠心分離器にかける採蜜作業がまさに進行中。白いつなぎ姿(養蜂作業用スーツ)のスタッフの方々からハチの生態をうかがったり、採れたばかりのサクラ蜜を味見させていただいたり。親子連れの姿も多く、子ども達含め誰もハチを怖がる様子がないのに感心。まぁ、虫が怖い人はわざわざ階段を上ってミツバチの巣箱など見に来ないと思いますが… にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ

江古田ミツバチ・プロジェクト視察(巣箱設置前の様子)