【スポンサーリンク】

「第9地区」

侵略者ではなく難民としてテント村に住む、180万余のエビ(?)型地球外生物それらは第9地区と呼ばれる特定区域内に囲い込まれ、街には随所に「エイリアン立入禁止」の標識が。地球上で日常をやっているエイリアンの姿というのは、映画といえどもそうそう見られないのでは。ただし、それは決してのどかとはいえないスラムの日常なのですが…

脚本はアバターの100倍良いです。全然ヒーローではない主人公の、迷走しまくりの心理や行動にものすごくリアリティを感じました。しかし体調の悪い時、そして食事前や食事後に観ることはオススメできません。かなり胃に来る場面がいくつもあるので…。ガンツに出てくるような威力の武器が登場したり、モビルスーツのデザインが格好よく作り込まれていたり、SF魂を刺激してくれる部分も。特に社会実験SFのお好きな方は、ぜひ体調を整えた上で映画館へGo! ブログランキング・にほんブログ村へ

映画「第9地区」オフィシャルサイト