【スポンサーリンク】

「キング・オブ・ポップの素顔」

よほどのマイケルファンでない限り、退屈するのではないでしょうか。ぱる子も「よほど」組ではないのでまあ…歌・ダンスのシーンはまったくありません。誕生日その他のイベントで大群衆に向かってスピーチするマイケル・ジャクソンの、身の置き所がないかのようなぎこちなさが印象的でした。

彼がリムジンに乗り込んで走りだそうとするとファンの方々がバンバン車の窓を手のひらで叩く。ショッピングモールの中のお店で買い物するのも、一時クローズしてもらって「貸し切り」状態にしないとできないわけですが、やはり詰めかけたファンの皆さんがシャッター(網状)の隙間から手を伸ばして…マイケル視点で見ると常に、まるでパニック映画のワンシーンのような状況が展開していたのもショック。超ビッグになりたいと切望している方には、強烈なイメージトレーニングとして一見の価値があるかも。 ブログランキング・にほんブログ村へ