【スポンサーリンク】

「THIS IS IT」


歌もダンスも全くないキング・オブ・ポップの素顔で欲求不満になり、新宿ピカデリーのアンコール上映に足を運びました。実は昨年の公開時、周りで観た方(および映画館のロビーですれ違った人々)から「すごくよかった!」と聞いてはいたものの、METライブビューで忙しかったこともあり放置していたのです。じっさい観ての感想は、この記録映像が残っていて本当によかった…。

舞台上のMJは、「キング・オブ〜」の時とは対照的に、一挙一動すべてがキマっています。まずダンスが凄い。苛烈な競争を突破して選ばれたバックのダンサー達と比べても頭ひとつ抜けた動きというか。動く歩道に乗っているようなサイドステップ、スローモーション、体の軸の小粋なずらし方、等々…。また、本当に今さらですが音感・リズム感が完璧! 訓練によって磨いたというより天性のものなのでしょうね。上の動画を見ても、マイケルの歌の技術はジャクソン5時代から既に完成されていたように思えます。 ブログランキング・にほんブログ村へ