【スポンサーリンク】

イタリア語絵本を読んだ


SONO IO RAFFAELLO(私はラファエロ)という本です。イタリア旅行から帰った方に貸していただきました(左写真)。ウルビーノラファエロ通りに住むラファエレ・サンティ(Raffaelle Santi)という12歳の少年が、学校に一日だけ代講でやってきた不思議なマリア先生の案内でルネッサンス時代にタイムスリップ、ラファエロ・サンツィオ本人や周囲の人々から話を聞くという設定。

右の写真を見ていただければわかる通り、一角獣を抱く貴婦人とか「アテナイの学堂」とか、絵本とはいえかなり精密な名画の引用がそこここにちりばめられている上に一人称で画家本人が語りかけてくるのがミソで、単語はよくわからずともついつい引き込まれてページをめくってしまいます。ミュージアムショップで販売されているシリーズ物のようです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

Comosavona(出版元)の英語ページ
ウルビーノ ラファエロが生まれた町