【スポンサーリンク】

伊藤計劃「ハーモニー」

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

こ れ は す ご い 。
ラストにさしかかった時には比喩でなく背すじに鳥肌がたち、電車内で読んでいたのですが駅で降りたあと慣れた路線の筈が逆方向に乗り換えてしまいました。文庫の装幀もこれ以外ありえないくらい内容にマッチしています。以下、ネタバレのため文字反転。

まず、いつも御冷ミァハに迎合していた(かに見えた)零下堂キアンが十数年を経た後に当時の本心を明かすところ。SF的アイデアの核心が明らかになる前、ここで既にゾクリとする。そして表題になっている「ハーモニー」の正体が明らかになる終盤…「意識のない状態で生活し文化を築いてきた民族」の存在、ミツバチなどのコロニーをイメージすると自分には十分信じられてしまうのだが、どうだろう。