【スポンサーリンク】

パンドーロその後


昨日の続きです。このミニ・パンドーロには粉糖が添付されていませんでした! たまたま家に以前、お菓子を作ったときの残りがあったから良かったようなものの…。左写真は、袋に入れてたっぷりの粉砂糖をまぶしているところ。右は、カットしたところ。この黄色い生地がパンドーロ(金のパン)という名前の由来ですね。切り方が多少ずさんなのはお許しください。生地じたいにも甘みがありますが、何と言っても表面に付着した粉砂糖のショリショリした食感がたまりません!

今年のクリスマスイブ・ディナーは

肉無しメニューにデザートが写真のパンドーロ、あとはデーツ、干しいちじくなどのドライフルーツ…と、イタリア風にしてみました。

パンドーロの美味しい食べ方
↑まぶし工程の前に温めるとより美味しくなるそう!