【スポンサーリンク】

ワイン開戦いや開栓

家に眠っていた頂き物のワイン。ふと料理に使ってみるかと思い立ち、写真左の原始的なコークスクリューをコルクにねじ込み始めたところで、これまで自力でワインの栓を開けたことは一度もないことに気づきました(遅)。

刃(針?)は何とか中心にまっすぐ入ったように思われますが、力が足りずコルクを引き抜けない。無理! と泣きながらPCの前に駆け戻りワインの栓が抜けないで検索。

  • ダイヤの指輪で瓶の首を切り落とす(できるのか?)
  • 瓶底を思い切り壁にぶつける(割れないのか?)
  • 引いてだめなら押す、つまりコルクを中に落とし込む(後の処理に困りそう)

…など。とにかくT字型のコルク抜きは一番力を要することがわかりました。で、あまり使っているのを見たことのない、医療器具っぽい右のワインオープナーを試してみたら簡単に開きました(^^) これはバトラーズフレンド(執事の友)と呼ぶらしいです。コルクに傷をつけないためセラーで盗み飲みしてもバレない、のが語源?!

ワインの栓抜きがなくてもコルク栓を開ける方法
コルクスクリュー(Wikipedia)

【1/8追加】
コルク抜きを持っていないときに簡単にワインの栓を開ける驚愕の方法
動画あり。ワインの風味という観点からはオススメできない。
コルク抜きを使わずワインを開ける(動画)
道具は使うんだけど、これは…賢い!